私の文学遍歴

遍歴と言えるようなものは何もないのですが、私なりに読んできました。子供のころは電気・模型工作雑誌とかマンガがもっぱらの愛読書で、伝記類も含め文学書は全く読んだ記憶がありません。高校卒業まで続きましたが、就職後、世間の荒波に揉まれ、手に取るようになったと思います。小林秀雄さん、福田恆存さんの書が主です。小説、戯曲では『ドストエフスキー全集』、『シェイクスピア全集』などです。
今はなかなかこの種、本を読む時間が取れませんが、必ず読み返したいと思います。

またまた堅苦しい話でお許しを・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます