DCC サウンド

元会社の大先輩に褒められましたので、調子に乗ってもう一つアップします(酒屋のネズミ:銚子に乗るな!?)。
DCCとはDigital Command Controlの頭文字をとったもので、デジタル技術を使った運転方式です。一般的にはサウンドまで付かないのですが、この場合は蒸気音(SL)、エンジン音(電車・電気機関車・ディーゼル機関車)などが発声します。また任意の時に警笛、ベル音(アメリカの車輛ではごく当たり前です)などが鳴らせます。

さて、断捨離中に出てきたので、久しぶりにテストをしてみました。
という事で画像はバラック状態ですがお許しください。
左上がディーゼル機関車、中央の大きいボックスがコントローラー、右下は専用の電圧・電流計です。コントローラー中央部の黒いボタンが各種設定をしたり、警笛を鳴らしたりするボタンです。
DCCのもう一つの大きな特徴は1本のレールの上で何台もの機関車・電車がスピード・方向を自由にコントロールできることです(衝突、追突にご注意!)
という事で従来の直流式に比べ飛躍的に進歩したシステムです。
ただ値段的に高いというのがちょっと・・・

電子部品も売られており、自作も可能ですが、それなりの知識・技術が必要です。実際の音をお聞かせしたいのですが、このブログが音声データに対応していないようで残念です。以上がDCC方式の概要です。

2015 01 08_EMD NW2 テスト_0003

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます