私の好きな本

前項でちょいと疲れたので一休み。私の座右に持つ好きな本です。
片岡義男さんの『私は写真機』(岩波書店)。雑誌の部分的アップとかお菓子の写真とか一風変わった写真集です。時々開き心安らいでおります。
片岡さんは小説、評論、エッセー、写真など大変なマルチワークです。硬派な文筆家で1975年、『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人文学賞受賞。

秋岡芳夫さんは幼少期から工夫と工作が好きな発明少年だった。工業デザイナーとして活躍するかたわら、作る者・売る者・使う者のより良い関係をめざした運動を主宰。『いいもの ほしいもの』、『暮しのためのデザイン』(共に新潮社)は身の回りの広範な”もの”について独特な解説をする。まさに納得である。
残念ながら1997年4月18日他界(享年77)。

『私は写真機』
『私は写真機』

『いいもの ほしいもの』
『いいもの ほしいもの』

『暮しのためのデザイン』
『暮しのためのデザイン』
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます