古典客車加工 灯油給油口?

屋根中央部の黒い円筒は室内灯とその排気部と思います。明治期の客車などは資料が無く詳しいことが判りません。その横が今回作った部品です。多分、灯油ランプの給油口と思います。作業員が油さしを片手に給油している古い写真を見た記憶があります。
3mmφの真鍮ロッドからユニマット(ミニ旋盤)で5個作りました。あとは室内装置は別として、両端の真空ブレーキ管を付ければ一応完成です。


古典ボギー客車 灯油給油口加工
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます