中判カメラ GW690とFP-1 我がコレクションで一番大きいカメラ

さて、カメラコレクションのページもこの辺でひとまずお開きとしましょう。右がFUJICA GW690、左はFUJI FP-1。タバコの箱と大きさ比較してください。GW690はブローニーフィルムで画面サイズがその名の通り6×9cmです。焦点距離は90mmで準広角です。このカメラはその昔、観光地の集合写真で一世を風靡したカメラです。撮影後、バイク往復で現像し客に渡したものです(もちろん有料。ただし希望者だけ)。この商売を”立ちんぼ”と言いました。懐かしいです。
FP-1はピールアパート式のインスタントカメラです(チェキはモノシート式)。家庭ではまず使わないカメラでしょう。プロカメラマンの本番前のテストなどで使われたと思います。FUJICA 6と同じジャバラカメラです。これも今はデジタルですね。
この二つのカメラは電池を全く使っていません。時計メーカー製の純機械式シャッターでこれを弄っているだけで気分がワクワクします(笑)。これらも私のお宝です。
カメラ名のFUJICAとFUJIの微妙な違いわかるでしょうか?


GW690RZ.jpg  FP-1RZ.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます