抵抗熔接器 一番高価な半田ゴテ?

模型のポイントでは、ままここで接触不良を起こします。そこで、ここを銅線(実物のボンド)でつなぐわけですが、通常の半田ゴテではかなりの技量が要ります。素材の熱容量、コテの能力(出力)。これを解決してくれるのが抵抗熔接器です(Max 250W)。素材をショート状態にして極局所を内部から発熱させるので理想的です。が、大変高価です(10年前で¥40K)。全く減価償却していません。お金が余っていて使い道にご苦労されているお方にはお勧めです(笑)。でも、効果は抜群です。
付属していた接触子が使い勝手が悪く、下の写真のような遊休の半田ゴテを改造しました。これで”没問題”。


抵抗熔接器01RZ

抵抗熔接器02RZ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます