万華鏡(カレイドスコープ) これも興味があります

模型鉄道、野球(趣味?)以外の趣味というとこれです。最近はさっぱり覗いていませんが、名の如く”千変万華”愉しいものです。一つとして同じ絵がないことが魅力です。真中のものはオイル・タイプと言ってビーズが油の中に入っており、動きが緩やかになります。嵌まると一日中覗いても飽きない。写真のような安物で十分。”一流作家の作品”は数十万円します。とても買えません。覗いた中身は同じです(笑)。近間(江戸、若しくは下町言葉?)の流山に一流作家のミュージアムがあるとか。一度行って見ようかな。
なお、本は(株)ベアーズ・日本万華鏡博物館の発行(2000年9月)で、確か箱根の成瀬美術館で買ったと思います。万華鏡の歴史、種類、簡単な作り方も書いてあり、結構面白いです。上2枚の画像は実際デジカメで撮ったものです。




万華鏡画像02

万華鏡画像01

『万華鏡の本』RZ  万華鏡RZ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます