C10と客車たち

C10は1930年(昭和5)に製造されたタンク機関車です。サイドタンクは未だリベットです。続くオハ30系17m級客車も鋼製リベット打ち。今は無き赤帯(三等)、青帯(二等)。台車は当時標準のTR11系。私はまだ生まれてませんでしたが大正・昭和の香りがしますね(笑)。
撮影時期が違うのでサイズ、パースがバラバラなのはお許しください。
C10は私のお気に入りのトビー模型製(廃業残念)。適度なディテールとしっかりした作りが好きです。
客車は京都のマツモト模型製(こちらも廃業?)で、ペーパー製ですが現在でも全く狂いが無く、まさに素晴らしいお宝です。手作りの味が何とも言えません。車体番号表記は当時、筆で手書きしました。若かったのですね。今でも手の震えもないし、眼も問題ないですからまだ描けるかもね(笑)。一つだけ難点というとデッキドアと二重屋根の明かり窓のガラスが無いことです。これは何とか解決できると思っています。それと室内装飾、照明、そこまでやりたいです。生きているうちにできるか(笑)。

Y下様 いずれもカプラーが付いてませんが悪しからず。現場担当者がサボっています。




C11RZ.jpg

オハ32RZ

オハフ34RZ

オロ30RZ

スニ36RZ



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます