流山電鉄モハ100形の製作(7) 屋根部

屋根板を接着しました。ここもアロンアルファ―をたっぷり塗りました。屋根板はアガチス材で緻密な割に削りやすい恰好な素材です。説明書をコピーして屋根断面のRゲージを作ります。これを当てながらサンドペーパーで削っていきます。まだ粗削りです。
構造上妻板と屋根の接合部に段差がありますので、ここにパテを塗ることにしました。愛想の悪いプラモデル屋は定休日。しょうがないのでダイエーの日曜大工コーナーに行って物色しましたが、適当なものがなく取敢えずセメダイン(アクリル水性系)の目地シールなる物を買い、塗りました。ところがこれが大失敗。20時間過ぎても硬化しないのです。即刻剥がしました。急いては事を仕損じるの典型ですね(笑)。本来の模型用パテで再トライします。


流山電鉄モハ100形屋根部製作と屋根ゲージRZ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます