40年前に自作した回路が動きました

断捨離のお蔭で出てきました。電気回路は腐ることはないので当たり前です(笑)。40年前というとデジタル時代の幕開けでした。負けてはなるものかと、秋葉原にパーツを買いに行き(ラジオセンター 懐かしいですね)自作しました。若かったですね(他にやることなかった?)。
左は日立のHD14001BPを使った踏切警報回路(フリップフロップ)。もちろん2個のLEDが約1秒のインターバルで交互点滅しますし(3線でなく2線でやっている)、♪カーン カーンという音も出ます(回路の出展は現在不明)。構想中のレイアウトに使います。
右は5V1Aの電源回路で3端子レギュレーターを使った一般的なもの。隣の小さいのはモトローラのMC140118を使ったロジックテスターで、L、HとP(パルス)の信号が確認できます。
最近「トラ技(トランジスタ技術)」を購読し始めました。この関係も復習して模型鉄道に応用したいと思っております。70過ぎても遅くない(笑)。金沢のK谷さん再開しませんか?


P5070004RZ.jpg  P5070002RZ.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます