N&W鉄道ホッパー車H2A 全部車番が違います

N&W(Norfolk & Western)鉄道は沿線に多量の石炭を産出する鉄道でした。そのため最盛期には3万輌近いホッパー車を保有しており、なかでもこのH2Aタイプは半数を占める大所帯でした。積載量は70トンで3ベイ(床下の排出口)。長さは37フィート強(模型で約130mm)あります。またN&Wは多くの蒸気機関車を自社で開発・製造し、最後まで拘った会社でした。
模型のメーカーはBLI(BROADWAY LIMITED Imports)で、6輌1セットで4種類、すべて車番の違うものを発売しました(アメリカのでも、このような事は殆んど無いのでは)。24輌つないだ時の全長は3メートルを超えます。また、このメーカーはこれを牽かせるための蒸気機関車Y6b(マレー)やClass A(単式連接)も発売しました。N&Wファンの私としてはすべて揃えました。在職中だから出来たことでした(笑)。蒸気機関車は別途紹介したいと思います。


NWホッパー車H2ARZ

『色の手帖』 カラーリング・スタイルブック(小学館)

1982年(昭57)に模型鉄道の塗色に参考になるかなと思って買った記憶があります。残念ながら出版社が小学館だけに、文学に関わりの深いどちらか言うと地味な色の記載が多いです。模型・鉄道の色は派手な色が多いのでしょうがないですね。でも色の道について色色勉強出来ました(笑)。

色の手帖RZ  色の手帖01

テレビが壊れました 修理か買い替えか

音だけで映像が映りません。電源を入れると一瞬絵が出るのですが、あとはそのまんま。取説を見ていろいろ試みたが回復せず。2009年に買ったものなのでチョット早過ぎますね。早速、T芝の0120へ電話。お決まりの”只今、混んでおりますので、しばらくお待ちいただくか、もう一度おかけ直し下さい”の音声案内。数分待つと肉声の女性につながりました。症状を説明した後、修理代がどのくらい掛るかと尋ねると、後ほど折り返し連絡するとのこと。また、HPに概略費用が出ているので参照してほしいとの由。結果、分かったことは最悪、液晶交換などになると、今売られている一回り大きい最新型と変わりないこと。修理を断念して買い替えることにしました。T芝さん何を考えているのかなと言うのが実感です。ほかのメーカーも同じでしょうが。
そこでどこの製品にするか。T芝は勿論問題なく没。三大メーカーというとPソニック、Sニー、S-プ。Sニーは元々あまり好きでなく、Sープはここのところのゴタゴタで躊躇。結果、Pソニックに決めました。
アマゾンに注文したところ、直でなく力仕事は下請けのエディオンがやっているよう。チャンとリザヤだけは取っている。さすがアマゾンさん。
数日余計にかかるようですが到着が楽しみです。

続きを読む

プロ野球二軍戦観戦 内海君復帰なるか

昨日はイースタン・リーグ(二軍)の巨人-ロッテの試合をロッキーズのTさんと観に行きました。他のメンバーにも募りましたが、生憎皆さん都合がつかずTさんと二人になりました。場所は武蔵野線の武蔵浦和から15分ほどのロッテ研究所があるところの一画です。室内練習場や公式球場があります。二軍調整中の内海君や、過日のインフィールドフライ事件で凡ミスをやらかした(フアン・不安?)フランシスコが出場するという前情報が有り、ギャルはじめ多くの”無銭観客”(ここは無料です)が集まっていて、イス席は確保できませんでした。写真は試合中の投球練習で試合経過に見入る内海君です。観客席は板張りの長イスで定員は片側せいぜい200人くらいです。
内海君は三塁打・二塁打を含む被安打5。5回で降板、負け投手で一軍即復帰は微妙(!?)。打線は7K(三振)をとられ、内3Kがフランシスコ君。サードを守っていましたが打球も飛んでいかなくて良かった(笑)。指名打者の坂口君が2号ホームランを放ち、何とかシャットアウトは免れたというところ。
帰り武蔵浦和の駅ソトのラーメン屋で反省会(別に我々は反省するとこ無いけど)。かくて楽しい無銭観客の一日でした。
次回の同球場での同一カードは7月28日(火)~30日の三連戦が予定されています。試合開始はいずれも午後1時です。御用とお急ぎでない方はどうぞ(笑)。


DSCN1754RZ.jpg    KC4H0006RZ.jpg

J.Allen WANTED! お遊びです

この写真をご覧になって、このブログの作者もついに気が狂ったかと思いますか。ほんのお遊びです。ボックスカーはNMRAから買ったレジェンドシリーズの一つです。一般のお店では手に入りません。どうしても欲しくて買いました。G&D(GORRE & DAPHETID) 鉄道J.Allenが創った模型鉄道会社です。
裸の呑んべオジサンが”おいジョン お前もついにお縄頂戴か”てなことを言っているのでは。まさしくジョン・アレンの世界です。お後がよろしいようで(笑)。


John Allen Wanted!

山崎喜陽氏 機芸出版社主筆

この人ははっきり言ってカリスマでした。私は直接お会いしたこともないし、会って話をするなど不可能なことでした。
戦後、日本の模型鉄道界をほとんど一人で背負った人でしょう。それだけに自負があったのでしょう。日本型Nゲージの具体化にも積極意見を開陳したものと思います。一度だけ天賞堂で遠くから垣間見ることが出来ました。まぁまるで天皇様でした(笑)。
でも、私生活はあまり恵まれていなかったようです。最初の奥様に先立たれ、その後再婚されましたが、脳梗塞を患い病床11年、薬石功かなわず他界されました。道半ばにして悔しかったのでは。申し訳ありませんが最後のころの”ミキスト”は悲しくて真面で見れませんでした。
でも、この人がいなかったら今日のNゲージはじめ模型鉄道の盛況は無かったと私は思っております。間接的でしたがいろいろ教えていただきました。大変遅くなりましたが合掌致します。写真は若き日の山崎喜陽氏です。


若き日の山崎喜陽氏

ポイントに気をつけろ! ネットも鉄道も

毎日々々、”今、これこれすればポイントが増えますよ”この類のメールが来ます。こんなメールは私は開かないで即削除。たかだか100ポイント程度もらっても大したメリットはありませんし、乗っかると所謂ポイント病の始まりと私は考えます。ポイントを増やすために買い物をするのは愚の骨頂です。要は相手は、これを機に余計な買い物をさせたいのです。商売ですから。
最後にカートに入れる時、もう一度”これって本当に必要なの?”と思い返してください。これも断捨離の一歩です。
蛇足ながら、鉄道の世界ではポイント(英はPoint 米はSwitch)は切換器(転轍器)です。事故の多くにポイントの整備不良がかかわっています。それにしても対訳日本語が古臭いです(笑)。
 

DD13修理完了引渡し

数年前に元職場の大先輩のE藤さんから修理依頼を受け、二つ返事で”すぐ直りますよ”と受け取ったものの、なかなかやる気が起きず、今日に至ってしまいました。やっと自分で納得できる修理が出来たのでお渡ししました。久しぶりに訪れた六本木ミッドタウン界隈。フジフイルムスクェアのクラシックカメラコーナーをチョイ見して、近間のラーメン屋へ。餃子とビールで身の回りや世事一般の関心事について、二人で言いたい放題。胸がスーっとしました。また持参したポータブルプレーヤーでアメリカ型蒸気機関車の勇走シーンを披露。気に入ってもらえました。この最中に茨城で震度5弱の地震発生。
次回横浜辺りでの再会を約してお開き。帰りの電車は地震の影響が若干ありましたが問題なく帰館できました。


天賞堂DD13-01

となり町南流山に自転車で行ってきました

今、当地新松戸の近隣で大々的に広告宣伝している開発地区です。最寄駅は武蔵野線の1駅となりの南流山。でも散歩がてら自転車で行ってみました(!?)。自転車で15分。思いのほか近かったです。
昔、子供たちを連れてエビガニ取りに行った田んぼの跡地でした。マンションも一期工事が終わったところで、さらに大きなものになるようです。まずタウンシューズが欲しくて、スーパー・ヤオコーの中にABC Martが入っており、ここで買いました。次に一番気になっていたホームセンター・コーナンに行き、取りあえず電子部品半田付用に15Wのコテとダイヤモンドヤスリと称するヤスリを買ってみました。職人としては、本当はヤスリは御徒町辺りのヤスリ屋で買わないと(反省)。ざっと見ただけですがホームセンターだけに品揃えは豊富です。これからも多分ご厄介になるでしょう。まぁ良いところが見つかりました。感謝です。


南流山コーナンRZ

またまた当たりました

と言っても、今回は宝くじではなく 7-11 でやっているくじ引きです。昨日今日と連日です。景品は各々缶ビール1本です。宝くじの6等以降で何か怖い感じです。まぁ車に当て逃げされないよう注意します(笑)。 
模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます