愛用ラジオ改良 針が見やすくなりました

ダイアル針が見にくかったわが愛用のポケットラジオ。やっと改良できました。裏蓋からあけてやったところ、針が中々外れず再考。前の化粧パネル(両面テープ)を外して解決。針をアクリル塗料で白く塗りました。これらの作業の中で電池端子の再半田をしたが、ニッパーでビニール被覆を剥こうとしたところ芯線までポロリ。さすが made in China でした(笑)。
結果は1月19日発の ”わが愛用のポケットラジオ” の写真と見比べてください。一目瞭然です。

愛用ラジオ改良

筆と塗装皿 塗装が上手くなる?

道具をもう一つ。右の筆は昨日、Micro-Markから届いたばかりです。筆先が細かく揃っていて、いかにも上手く塗れそう(笑)。送料込みで$51.44。
左は先日、天賞堂で買った塗装皿です。箱に”万年”と入っていますが、メーカー名など有りません。10枚組で108円(税込)。結構便利です。

筆と皿01

エーテルポンプ 入手困難?

皆さんはこういうものをあまり見ないでしょうね。会社卒業(定年退職)の時、記念に頂いたものです。エーテルを入れるからエーテルポンプ。分かりやすいですねぇ。エーテルのほかにエチルアルコールを等量入れ、レンズクリーニングはじめ、半田付け後のプリント基板の清掃などに活躍します。上の金属部分を押すとポンプ作用でエーテルが出てきます。使い方はいたって簡単です。私はこのように手元にありますから必要ありませんが、”医療機器”などで検索すると出るのではないでしょうか。
エーテルポンプ02

PECOのポイント ナローレイアウト

PECOのナロー用ポイントが出てきました。中々雰囲気のある製品です。これを1か所使い、コピーを他の箇所に使う予定です。先端レールはタンブラースプリングで、レール側面に押さえつけられるため電気接触の信頼性が増します。イギリス製ですが優れものの一つです。
PECO ポイント

球春スタート ロッキーズ:ソフトボールチーム

当マンションにはソフトボールチームがあります。昔、子供会の監督・コーチをやった人に加え、その教え子やヤングマンたちが集まっています。練習があるというので見に行ってきました。春陽のもと、ノビノビと練習しております。
私は今年、記録班に徹し写真撮影とスコアアップ記録をします。リーグ戦は5月からですが、4月29日に地区親睦大会があります。優勝目指し頑張りましょう!

DSCN0246-RZ.jpg DSCN0301.jpg

DSCN0303.jpg DSCN0293.jpg

蔵工会 工高クラス会(於:FGH)

母校を出てから50余年・・・。数年ぶりにクラス会を開催。今回はクラスいち質実剛健だったY本くんが脳梗塞でリハビリ中。快癒を願って集まりまりました。でも思いのほか元気だったので一安心。酒を呑みながら、昔話・現況報告をツマに和気あいあいと愉しいひと時を過ごしました。なかには卒業後初めて再会という珍事ん類も。

・葛飾立石の顔役A木くん。
・ワルサがちっとも変わらないA見くん。
・何をやっても成功しないI高くん。
・静岡で悠悠自適のI井くん。
・変わらないダンディーIくん。
・こちらも紳士U田川くん。
・カラオケ大将のS木くん。
・小説書くために小説してる(!?)T木くん。
・何をじゃべってんのかサッパリ分らないN田くん(無礼乞免許)。
・顔は変ったがココロは変わらないH間くん。
・何が有ってもいつもニコニコY本くん。
・何をやってもうまく行くM越くん。
・そして一向にうまくならない写真屋、私めT久保
皆、脛にキズ持つ身なので、あえて顔にはモザイクを入れませんでした(笑)。
次回の再会を契り、カラオケ組とオチャケ組に分かれバイバイ。
ある春の日の午後でした・・・。

左の写真は船橋の街中に有ったヘンな鉄筒
T電OBのU田川くんの話では、原発損害賠償金の工面をするため土地を売った結果とのこと(ウッソー!)。

  DSCN0226-rz.jpg   DSCN0225-RZ.jpg

とても信じられません! 技術の進歩とは

15年前、Rio500でデジタル音楽をチマチマ聴いていたころ、64MBのスマメ(スマートメディア)が確か1万円くらいしていました。今回、デジカメの動画専用にSDカードを物色していたら64GBで3500円弱。何と1/1000というか1000倍というか。技術の進歩とは凄いというか恐ろしいというか。もし15年前に64GBのスマメが存在していたら、1000万円近くしていたということです。
ついでにもう一つ。最初に買ったNikonのCoolpix 950が200万画素で10万円。今回のCoolpix L32が2000万画素で1万円。CP(コストパフォーマンス)が100倍。L32があの時代にタイムスリップしていれば100万円とういこと。
有り難いことですが、やはり信じられません・・・

41GJQ6Pn+kL__AA160_.jpg

趣味人の気質

数多い趣味の中で”鉄道”って一番ジャンルが広いのではないかと最近つくづく感じます。”撮鉄”、”乗鉄”から始まり、わがジャンルの”模鉄”、切符だけを集める人・・・。私が知らないジャンルもあると思います。
それだけ歴史も長く楽しみも多いのでしょう。
あなたは何を集めてる(笑)。

山派? 海派? あなたはどちら?

アウトドアの趣味は山派と海派とスポーツ派に分かれるように思います。それぞれ魅力があります。山派は中高年の人々も増えてきて活況を呈しています。しかし、事故も増えているようですね。山に限らず事前の計画・準備、安全を最優先にした行動が重要だと思います。
私も一時、仲間と共に山歩きをしましたが、疲れてついて行けませんでした。スッパリと止めました。
どちらかと言うと、私は海の方が好きです。日がな一日、浜辺でウォークマンを聴きながら酒を飲む。気が向いたら水にも入る。仲間がいれば最高でしょう。何もしないところが良いですね。
こういう事を年に4回、春夏秋冬楽しめれば十分です。どなたかお付き合いいただける人はいないでしょうか・・・
またまた脱線でした(笑)。

DD13お色直し 超音波バスの効果は?

この分解中のDD13(天賞堂)は大昔、元職場の大先輩E藤さんにに譲ったものです。誕生したばかりの息子さんへの記念だということでした。あとから考えるとプレゼントしておけばと・・・(笑)。
私の修理工場へ入場した時の状態は大変重篤で、実車だったら即廃車でした(中笑)。ボルスター(台車を受ける部分)の半田が両方とも外れていました。半田の経年変化なのか、何かショックが加わったのか判りません。まずは半田の修正ですが、塗装済みであるため注意が必要です。何とか修正できました。こういう時は前に紹介して、いま外科手術中の抵抗熔接機が最適と思います。熔接機くん早く退院してくれ(大笑)。
次は外観補修、とは言っても塗り直しではなく汚れ落とし。超音波洗浄バスの登場です。結果は見違えるほどとはいきませんが、湯上りのほんのり桜色といった調子ですか。超音波洗浄は時間をかけすぎると塗装まで剥がしてしまうので要注意です。機構部品は問題ありません。特に台車の黒染めは新品同様になります。
今日はここまで。続きをお楽しみに。

超音波バス中のDD13
入浴中のDD13
模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます