横浜シュマイのひょうちゃん 崎陽軒

シュウマイといえば横浜の駅弁。会社の出張の帰りに良く買って食べたものです。その中に付いている醤油の入った”ひょうちゃん”。彼も今年還暦で今キャンペーンをやっています(2/8まで)。昔はそれほど興味がありませんでしたが、今集めてます。写真のひょうちゃんは横山隆一画の初代のレプリカです。初代は形がちょっと違って、つぎ口が頭のトップに有り、栓はコルクでした。
愛らしくて可愛いですよ・・・
ひょうちゃん
まだ4個しか有りません

ひょうちゃん初代
初代ひょうちゃん(崎陽軒HPより)

義兄からの贈り物 鉄道時計ほか

北海道にいる義兄から頂いたものです。彼は旧国鉄の歌志内線に長年勤め、その後、民間の石炭会社に移り、そこで定年を迎えました。最盛期の石炭輸送の管理は大変だったようです。
真中が言わずと知れた鉄道時計。精工舎(現セイコー)製の手巻き式機械時計です。私がいただた時はちゃんと動いていたのですが竜頭が外れてしまいました。四国の有名な時計修理店に送り、治してもらいましたが再発してしまいました。裏に昭和32年と連番の刻印があります。カチカチという時を刻む音が懐かしいです。
左は鉄道50周年の時に下賜されたものとか。双頭レールを薄く切ったもので文鎮などとして使うのでしょう。今のレールと違ってレールが減るとひっくり返してまた使うものです。確かに片方が減っています。多分イギリス製です。北の大地のどこに敷かれ、どんな汽車が走ったのでしょう。ロマンがありますね。
右はありきたりのキップ鋏で特に書くこともありません。
義兄からのプレゼント
左から50周年記念文鎮 鉄道時計 キップ鋏

鉄道時計01
精工舎製鉄道時計

鉄道時計02
機械式時計の特徴 大きなテンプ

双頭レール01
”大正十年十月十四日鐡道省”の銘がある

私のデジカメ歴 Nikon E950から始まって・・・

ある写真会社のカメラ開発部門に勤めていたので、デジカメについても大いに興味を持っていました。自分の最初のデジカメはNikonのCoolpix E950です。他社のカメラですが職場の同僚に無理言って手配してもらいました。1999年の3月発売でしたが、ちょっと問題があったようで、手にしたのは8月。200万画素のはしりのカメラです。レンズ部分が回るスウィングレンズが特徴です。使いやすくすぐれたカメラだと思います。2回入院しましたが、まだ完動してます。
次が会社の新年会の景品でもらった富士Finepix 4700。500万画素のはしりだったと思いますが、もっぱらNikonを愛用していたので、あまり本気で使いませんでした。

次も同じく富士のFinepix440小さ過ぎて扱いにくいという印象しかありません。

3台目はライツレンズ搭載のパナソニック(当時は未だ松下)のLumix TZ-5。使い勝手も良く十分な性能なので、本務機が調子悪い(と言っても設定ミスがほとんど)とき使います。

最後が本務機でミラーレス一眼のOlimpus EM-2。多彩な機能がありますが使い切れません。一番気に入っているのはISO感度が明るさに応じてISO1600まで自動で変わることです。オートにしておけば明るい屋外から暗い室内までほぼ間違いのない写真が撮れることです。ストロボは外付けです。そのため調子のそろった写真が撮れるのでしょう。
もうちょっと勉強して他の機能も使えるようにしたいです。
進歩の速いデジカメの世界、ついていくのも大変です。



Nikon E950
初代 Nikon Coolpix E950

Fujics F4700
新年会であたり! Fuji Finepix 4700

Fujics F440
小さすぎた Fuji Finepix 440

Panasonic TZ-5
カミさん専用 Panasonic TZ-5

Olimpus Epm-2
お世話になります Olimpus EM-2

ユニマット(万能工作機)

道具の紹介も大詰めです。組み換えによって旋盤はじめいろいろな加工が出来ます。これも30年以上前、天賞堂で買いました。1セット3万円くらいだったと思います。実際は8割方穴あけのボール盤として使ってます。ベルトが切れてしまい、ハバジットという材料で作りました。ネット通販の卸(ものたろう)から買いましたので、全長10メートル。一生使いきれない(!?)。
これも錆とホコリだらけで、取りあえず簡単な掃除と注油を行いました。もっと活用しなければ。愛する道具の筆頭です。

旋盤
旋盤としての使用状態

ボール盤
組み替えてボール盤に

メモ帳を作りました

前に書いた”本を作る”の応用です。プリントアウトに失敗したペーパーがたまり、メモ帳に使っています。束ねるのにターンクリップを使っていましたがイマイチ。そこでひらめき!端部を木工ボンドで接着したら。大正解!!!。これで用済みを剥がすのも簡単。まさに”脳減る賞”ものです。皆様も試してみては。え!そんなミスプリしないって。アジャパーです(!?)。
メモ帳を作る
大型洗濯バサミで止め、木工ボンドで固着

ディアゴスティーニのC57

今日(1/31)の朝刊全面広告に出ていました。TVでもしきりにCMが流れていますね。数年前のC62に続き、今回は”貴婦人”C57。スケールは1/24でゲージは45mm。前照灯が灯いて、音も出て、動輪の回転状態が見れるディスプレースタンドも付属し、15回までの継続購読で機関士と機関助士(火夫)がオマケまで、まさに満艦飾。C62と違い全て塗装済みとのこと。なかなか心くすぐる企画ですね。初回999円、以降1998円で全100巻、トータルで約20万円(いずれも税込)。
それにしても完成まで2年。持ち(待ち?)こたえられますか。
私としてはどれだけ売れるかが一番の関心事ですが。

ディアドスティーニC57
新聞全面広告

私のパソコン歴 何と便利な道具だ!

最初にパソコンと称するものを手にしたのは94年頃だったと思います。NECのモノクロディスプレイのノートPCでした。当時40万円くらいして、カミさんに頼み込んで買いましたが、カミさんは快く受け入れてくれました(感謝 感謝!)。まだWindowsが登場以前のMS-DOSの時代でした。もうソフトは何か忘れましたがTMS誌のデータベースを作るべく日夜奮闘した記憶があります。
2台目は富士通のデスクトップ、今のタワートップと違って平べったい横置きのタイプです。このマシンで初めて海外からのネット通販が実現して感激しました。前にも書きましたが最初の買い物はハリーポッターの機関車でした。
そのあとWindows98が発売され、乗らされてマシン更新となりました。エプソンダイレクトのデスクトップで、10年使い今回の断捨離の標的になりました。そのあと台湾製のノートを買いましたが、彼は不幸にも私の不始末で昇天してしまいました(合掌)。代役が今使っている同じく台湾製(ASUS)のノートです。いまのところ良く働いてくれてます。
でも、今の彼が突然死でもしたら、私はどうしたら良いのか・・・


現役5代目
5台目現役

MR誌 2015年3月号

MR誌3月号が届きました。トピックスはNスケールのクラブレイアウトで列車の運行管理に今はやりのタッチスクリーンを使う試みです。まだ建設中のようです。次はこれもNスケールの古い製品をリニューアルしましょうという記事です。
製品紹介欄はHOスケールのRivarossi社 2-6-6-6蒸機(DCCサウンド)、Atlas社のAlco S-2(DCCサウンド)、その他いろいろ。特にAtlas社のAlco S-2はスムーズランニングと音の良さが評価されています。アメリカでは既製品のDCCサウンド搭載はもう当たり前なのですね。
4月号も期待しましょう。

MR March 2015

抵抗熔接器 ごく小さな部分の半田付け

この道具は勘違いして買ってしまいました。金属同士を直接熔かして付けるいわゆるスポット熔接だと思っていました。これはそうではなく金属をショート状態にして発熱させ、半田を溶かして付けます。ただ半田ゴテと違ってごく小さい部分の溶接ができます。電気理論に基づいた特殊なトランスを使っています。まだ本格的に使っていませんが、これから活用しないと。形がパワーパックに似てます。
抵抗溶接器
パワーパックのような形


抵抗熔接器
こんなふうに使います(Micro・Markのカタログから)

電車型コントローラー(マスコン)

いよいよパワーパックの真打登場!当鉄道にとって超音波洗浄器と並ぶ高額設備投資でした。これもトランジスタコントローラーです。ご覧のように本格派です。実物同様、速度計(電圧)、電流計、ブレーキメーターが大型広角計器で示されます。
左手の加速ハンドルは4段ノッチです。右手のブレーキを操作するとブレーキメーターが上がっていきます。ブレーキハンドルは取り外しできます。
鉄板加工のしっかりした結構重たいものです。これで走行音、ブレーキ音、警笛が鳴れば申し分ないのですが、そうは出来ておりません。改造してみようかなぁなんて考えてもみますが止めておきます。意外だったのはこれほどの作りなのに電源はACアダプターを利用しています(内蔵ですが)。コスト削減なのでしょう。こんな立派なものが有りながらあまり運転しないのが悔しい。
なお、鎮座ましましている鉄道時計は含まれていません(!?)。

電車型マスコン
本物そっくり
模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます