福井電鉄凸型電気機関車

運転室への出入り通路がデッキ中央部にあり、そのため電気室が左右に分割された珍しい形です。福井電鉄モハ5100と同時期に作った”電関”です。昔は電気機関車のことをこう呼んでいました(懐かしい!)。新しい伝動方式で設計しましたが音がうるさく頓挫。パワートラック駆動に作り替える予定です。
当初はプロトタイプに忠実に作ろうと思いましたが、途中から気が変わりフリーランスになりました。まず屋根上にエアタンクを設けました。今はパンタグラフがついていますが、ポールに交換するつもりです。
模型の世界ではトラクションモデルと言って路面電車とかインタアーバン(郊外電車)に強い関心を示すマニアが多くいます。私もその一人です。

福井電鉄デキ
デッキ中央通路の珍しいデザイン
模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます