ハリーポッターの写ルンです こんなのもあります

有効期限(食品の賞味期限)は2004年10月ですから2002年ころのものです。当時は大変有名になりました。そういえば最初に買った海外の模型はやはりハリーポッターでした。

LF_ハリーポッター

コダクロームのTシャツ 汝の敵を愛せよ

アマゾンでP・サイモンの『僕のコダクローム』を探していたら、このようなTシャツも釣れました(笑)。Amazonは大したもんです。最近は安易にクリックしないよう注意しているのですがツイツイ。
この黄色。コダックイエローというか卵の黄身の濃い色です。大好きです。
私がF社に入社したころ(1963)はEKは20倍の企業規模で”神様”でした。
蛇足ですが、一番下のDwayne's photo社は最後の現像をしたのは、うちだと威張っております(笑)。

村永様
富士フイルムグリーンはありませんでした(笑)。


Kodacrome02.jpg  Kodacrome01.jpg

写ルンです 30周年アニバーサリー 

写ルンですも市場故障品の解析で一時携わりました。1986年、最初はポケットフィルム(110)でしたが、翌年、ISO400の35mmフィルムに変え本腰を入れました。5年ほど続けた後、この部門が分離独立して足柄工場に移ったためこれで終わりになりました。カメラとは違う面白い世界も経験できました。

村永様
第一彈の110タイプは私自身もテストして実力が判ってましたので驚きはしませんでした。135でやるぞと聞いたときは、会社は本気だなと思いました。足柄工場に移ってからリサイクル工場も稼働し、立派に良くやったと思います。
NHKのプロジェクトXの制作話が進んでいましたが、ある事情が有って中止になりました。残念。


写ルンです30周年

コダクローム 世界一素晴らしかったフィルム

今は無き世界最高のリバーサルフィルムでした。外型といって発色剤がフィルムでなく現像液の中にあったため発色の安定性が良いのが特徴でした。”〇〇クローム”はリバーサル系の商品名です。
テストの時、タイプに入れその発色、シャープネスの差に愕然としたものです。でも、このような素晴らしいライバルがいたからF社も最後まで頑張ったんだと思います。EKありがとう。
あと一つ。蛇足ですがフィルムの発色剤のことを英語でカプラーと言います! なんという偶然でしょう。

村永さん
「僕のコダクローム」という歌をポール•サイモンが作っており、Nikon(ナイコン)も出てきます。
英BBCでは商品名と言うことで放送禁止になりました。

コダクローム25

キヤノン ぺリックス ミラーが動かない一眼レフ

たまたまアマゾンの中古市場を覗いたら、こんなもの見つけてしまいました。画像を見る限り美品で値段もまぁまぁだったのでクリックしました。
このカメラは1965年に発売された技術的には興味深い面白いカメラです。ぺリクルミラーと称する0.002mmのPETフィルムを45°に貼り付け、フィルム面とファインダーに分光してます。そのため、シャッターを切った時のファインダーの一瞬の暗黒が無いのが最大の売りでした。レンズ共々1Kg近くあり重くて、使う気はありませんが20世紀の貴重な遺物として大事にしたいと思います。キヤノン ぺリックス
模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます