ブログ再開と言っても 何から書くか

取敢えず何か話題を探しましょう。これは以前に書いたと思いますが、TMSの重要記事をエクセルで書き出しているところです。

TMS重要記事

TMS重要記事

TMS記事の中に小林義和氏の塗装に関する連載記事を探しているうちに、今野喜郎氏のBタンク製作の連載に引っかかり、井上豊氏、吉田裕之氏、C.S.Small氏の訃報に接し、最大級は山崎喜陽氏のミキスト絶筆でした。この後、11年寝たきりになり薬石効なく亡くなられました。カリスマでした。このころ(1993年)はいろいろあったんですね。1993年というと私の仕事の上では朝霞に都落ちした次の年でした(苦笑)。

TMS重要記事

ラジアスロッド位置 気になります

蒸気機関車のワルシャート式バルブギアーで気になっています。ほとんどが中央の停止位置。ウン十万円する高級品でもそうです。先輩諸氏が切替機構を考案され実現されております。しかし、これも動き出してから切り替わるところがチョット。私としてはほとんど前進で走るのだから前進位置に固定しようと思っています。

ぬか屋様
いつも有意義なコメントありがとうございます。このことはどなたか忘れましたが実行された人がいました。それで記憶に残っていました。模型ってこういう事でもいいと私は思っています。少なくとも水平の中立位置で走るより、精神安定剤になると思います(笑)。


ラジアスロッド可動

LEDショーケース照明テスト

村永さんのコメントに刺激されてやってみました。30個50cmです。板棒に両面テープで貼り付けセロテープで棚板に固定しました。11Vで110mAです。評価はお任せします(笑)。

LEDショーケース照明

カワイ製木製道床ポイントの改良

OER3001氏が気にされていた木製道床です。カワイモデル製で50年位前のものです。数年前コード83の洋銀レールに更新しました。一番問題なのは先端レールの接触不良で、切替た際ここの電気的接触が問題です。私も気になっていました。大昔のヒントではヒゲ銅線を付けて補助するというようなものもありました。今回マイクロSWを付けて確実化しました。これにより車輛の良し悪しが分かるようになりました。余談ですが昔はウジャウジャ有ったマイクロSWが今あまりないのですね。ついでにフログレール以降の配線切替えにDIP SWを取り付けました。

OER3001様
ぬか屋様のブログのコメント欄で拝見しましたので横取りしました(笑)。さすがのカワイも製造をやめたようですね。


カワイ製木製道床ポイントの改良01

カワイ製木製道床ポイントの改良02

カワイ製木製道床ポイントの改良03
模型鉄道へのお誘い

ぽっぽや

Author:ぽっぽや
小さい頃は汽車の絵ばかり画いてようですが、微かな記憶の中にあります。そして鉄道というロマンから離れなくなりました。二条の線路の周りに醸し出される人間模様の数々。模型の力を借りて、マイ・ワールドを作っていきたい・・・

ご訪問ありがとうございます
中身いろいろ
友達の輪(リンク)
最近のラグチュー(コメント)
楽しいコメント待っています
月にこれだけ書きました
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Eメール(ニックネーム可)
※メールはこのブログに残りませんので、お気軽に書き込んでください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

キーワードを入れると関連ページが開きます